あなたが選ぶ良いマッサージとは? TOP

このサイトについて

タラソテラピーは海水・海藻・海泥を使用したマッサージのことで、もともとは海洋療法として医療の意味合いが強かったものです。
現代の日本では医療的な意味合いよりも心身をリフレッシュさせるマッサージとしての意味合いが強く、多くのスパやエステで取り入れられています。

■タラソテラピーの歴史
タラソテラピーはフランス発祥の海洋療法と言われていますが、紀元前から海水入浴として親しまれてきたものです。
海水は羊水に似た成分があり、傷を癒やす力があると言われています。
古代ギリシャ・ローマ時代は、戦争によって負傷した兵士たちが温海水に入浴して傷の回復を早めていました。

■マッサージの使用方法
タラソテラピーは大きく分けて3つの療法に分かれます。
海水入浴療法(バルネオテラピー)・海藻療法(アルゴテラピー)・海泥療法(ファンゴテラピー)で、マッサージに使用されているのは海藻療法(アルゴテラピー)・海泥療法(ファンゴテラピー)の2つになります。

<海藻療法(アルゴテラピー)>
美容に適したアミノ酸や脂肪分解や解毒に適したヨードが含まれています。
体に塗るだけで肌のハリ・ツヤを与え、ダイエット効果も発揮してくれます。

<海泥療法(ファンゴテラピー)>
ミネラルが豊富な海泥には、殺菌や保湿の作用があります。
温湿布のような作用もあり、むくみを解消したり肩こりや腰痛などの痛みを和らげたりします。
体に塗るとじんわりと温かさを感じるので、血行の流れを良くする作用もあります。

スパやエステによっては、海水・海藻・海泥を塗りながら血行を促進するマッサージが加わります。
自然の成分なので、アトピーの方でも利用が可能です(主治医に要相談)。

ブログ

おすすめ情報

カラーレーザー彫刻によるメモリアルロケットペンダントを制作しております。
癒しのプロフェッショナルがプロデュースした大阪 出張マッサージです。
Copyright(C) あなたが選ぶ良いマッサージとは? All Rights Reserved.